2009年10月17日

注意!合宿免許の落とし穴?30代以上の合宿免許の制限の厳しさに驚く

合宿に、私が入校した日の土曜に卒業する予定の30代の女の人がいた。

卒業検定のその日・・。
運悪く狭い道で大型トラックが来て、石に擦れてしまい、卒研は落ちてしまったようだ。

091020_003.JPG驚いたのが、その後、色々話を聞くと、仮免試験や卒検などの検定は、2,3日置きにしかやってないらしく、検定に落ちてしまうと、次があるまで、ただ寮で待つ羽目になるのだ。

検定に落ちると「次の検定までに1時間の(技能)補習を受ける」
という条件があるのだが、
逆を言えば、「次の検定まで1時間しか補習が受けれない」という事。

つまり、3日後にまた検定があるとしたら、
合宿生は3日間で1時間しか補習が受けれなく
その間は、ただぼ〜っと検定日まで寮で待つしかないという事なのだ。

学科ももう全部習った後での検定なので、学科も受けなくていい。
何もない寮で、一人ただ次の検定の為だけに寮にいなければならなくなる。

しかも驚いたのが、30際以上は合宿の期間に制限が付いていて
今の所の場合「30歳以上は3日間オーバーまでは料金内
という事になっているのだが、
私は『3日間=3回まで落ちても大丈夫』と思っていた。

なので、仮免で1回、卒検で2回の3回くらいまでは落ちても大丈夫なのだろうと思い込んでいたのだ。

でも実際は2、3日に1回しか検定がないので
1度落ちたら、それだけで3日間が経ってしまう。

結局、30代の合宿の料金に保障されているのは
仮免検定か卒検か、どちらかの1回だけの落ちた場合の保障という事になっているのだ。

怖いのが、もし仮免検定で 1回落ちた場合、次の仮免検定が3日後だった場合、もうそれだけで「料金は3日間オーバーまで」の保障に達してしまう。

そして卒業検定でまた1回落ちたとしたら、またさらに3日後まで待つ事になり、1泊の宿泊費が5千円ほどかかってしまうので、
おそらく3日伸びた場合だと、5000円×3=15000円
かかってしまうのだろう。
(その他にも検定費などは別にかかる)

学科も技能も何も受けない日でも1日の宿泊費はかかっていくのだ。

卒検を2回落ちてしまったら、さらにその倍・・
さらに2回も落ちてしまうと、料金が数万単位でかかるだけじゃなく
軽く1週間くらいは滞在が伸びてしまう。

(しかも補習の2時間以外は何もする事がない)

3日間もあるなら、一度家に帰ればいいかもと思ったのだが、
そういう場合はなぜか3万円くらいの別料金がかかるらしい
(金づるを逃げさせない為?とか思ってしまう(-"-;)

091019_001.JPG前に目にしたブログで「合宿の料金は30歳以上のオーバーする料金でなりたっている」っぽいのを読んでしまっていたので(本当かどうかは不明)、悪質な学校だったら、ギリギリの場合は合格させないで延ばさせたりして宿泊費を払わせる学校もあるんじゃ?とさえ疑ってしまう。
(幸いな事にここの学校は延ばさないように逆に少し大目に見てくれてる所もありそうだなと思えるが(^^ゞ)

そして、もう1つの落とし穴が
検定の日が休日や学校都合で休みの時がある」事だ。

今の教習場では、月・水・金が仮免。
火・木・土が卒検の予定になっている。

私は土曜に入校したので、翌週の金曜が仮免だった。
もしそれで落ちた場合は3日後の月曜になる予定なのだが、
月曜に「教師達の講習」が入ってるという事で、月曜の試験はないというのだ。

つまり金曜の仮免試験に落ちてしまうと、それだけですでに次の水曜まで検定は受けれなく、5日間オーバーの2日分は料金も超えてしまう。

検定の日が祝日などでも同じで、次に受けれる検定日が伸びてしまう。

学校都合やそういう理由の場合、もしかしたら伸びた分の料金はかからないのかもしれないが、日数が延びてしまうのは間違いないだろう・・。

入校日など気にもしなかったのだが、入る日によって、余裕が全然違う。
(もし仮免が月曜だったら、落ちても2日後に受けれたりするし)

私も最初火曜に入校予定にして、土曜に変更したのだが、授業の進み方などでも火曜に入校してたら気持ち的に楽だったのにと思う事がとても多い。

なので、入校前に仮免試験や卒業検定の予定日などは最初に聞いてみて、祝日などを避けて入校日を決めた方がいいと思う。

(ちなみに、今週は台風で延期になりそうな危機もあったので、そういう時期にも注意( ̄▽ ̄人)

合宿免許のHPや説明では、こういう事は全く説明してくれなかったので十分注意してほしい。

特に30代以上は料金にも絡んでくるので要注意!!!

合宿免許なら短期卒業でき、しかも格安料金で!3300
←関連カテゴリー :その他
Edit posted by yuu at 20:24 | 宮崎 ☁ | コメント(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。